きららニュース

きららニュース

【専攻科1年生】校外学習で災害看護について学びました

  • 【専攻科1年生】校外学習で災害看護について学びました
  • 【専攻科1年生】校外学習で災害看護について学びました
  • 【専攻科1年生】校外学習で災害看護について学びました
  • 【専攻科1年生】校外学習で災害看護について学びました

 6月20日(木)、衛生看護専攻科の1年生の校外学習がありました。

 「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」ではまず、災害とは何か、災害による人や社会、健康に及ぼす影響について考えながら、災害時における看護職者としての役割や、命の尊さ、共に生きることの素晴らしさについての学びを深めました。
 また、「JICA関西」においては、国際協力の仕組みや諸外国の保険・医療の状況、保健医療にかかわる組織や役割について学びました。

 バス車内や各施設においては、感染予防対策を徹底しながら、衛生看護専攻科の学生であることを十分に自覚した行動で、充実した校外学習を終えることができました。