奈良文化高校

きららニュース

きららニュース

2年食文化コースの生徒が蒟蒻作りに挑戦しました

  • 2年食文化コースの生徒が蒟蒻作りに挑戦しました
  • 2年食文化コースの生徒が蒟蒻作りに挑戦しました
  • 2年食文化コースの生徒が蒟蒻作りに挑戦しました
  • 2年食文化コースの生徒が蒟蒻作りに挑戦しました

平成30年11月7日(水)午前10時30分から12時30分、本校食文化コース2年の9名が、ふたかみパーク當麻の家で蒟蒻作りにチャレンジしました。
先ずはこんにゃくいもを5ミリ程度の厚さにスライスし、それを大きな鍋で煮ます。煮えて柔らかくなったところを、ジューサーミキサーで砕きます。どろどろになった芋を、煮た汁と混ぜ合わせ、それに水酸化カルシウム溶液を加えます。
それをバット(浅い入れ物)に入れて伸ばしますが、そのときにも煮汁を加えます。その煮汁が未だ熱く、手でこんにゃくいものペーストを伸ばすのに苦労していました。でも、どの班もうまくコンニャクを形成できました。
その後は、30分ほど寝かせ、煮込んで試食をしました。
生徒たちは、ペースト状の物を速くこねるのが一番大変だったと言っていました。
お世話になった、當麻の家の皆様、ありがとうございました。