奈良文化高校

きららニュース

きららニュース

味噌作りを体験しました

  • 味噌作りを体験しました
  • 味噌作りを体験しました
  • 味噌作りを体験しました
  • 味噌作りを体験しました

6月26日、文化幼稚園の保護者向けイベント「ほっこり」に食文化コースの生徒が参加しました。
今回は本校のさくら食堂で味噌作りです。 畿央大学付属幼稚園の先生、寺口の地域の方、そしてご指導として食育の会の皆様がサポートしてくれます。
角田園長より、毎回開催のたびにメンバーが増えている事への感謝と、美味しくて安全で身体に良い味噌作りを楽しんでくださいとのお話がありました。
また、味噌を管理する場所で味が全然変わるので非常に大事です、と伝えました。

次に食育の会の方が味噌のできる仕組みを紹介しました。
朝からお味噌汁作るご家庭が減っていますが、「頭の良い子は身体が健康である事が基本」と毎朝のお味噌汁を推奨されました。
髪の毛を帽子や三角巾で隠したらいよいよスタートです。

まずはすり豆とお湯を合わせて、次に麹を入れ、更に練り合わせます。
この工程が大事で、麹が潰れて滑らかになるように腰を入れてしっかりと練り合わせます。 「結構重たいですね〜」と最初は苦戦していましたが、次第にと慣れた手つきでこねました。 しっかり合わさったらソフトボール大の大きさに丸めます。
その後はそれぞれに決められた容器に「美味しくなーれ!」と思いを込めて、丸めた味噌玉を勢いよく容器に投げつけました。
その後、塩とホワイトリカー、唐辛子で防菌対策をしたら味噌樽の完成です。

完成した味噌はバザーにて販売しますので、ぜひご賞味ください。