奈良文化高校

きららニュース

きららニュース

「わかば集会~卒業生からのメッセージ~」を開催しました

  • 「わかば集会~卒業生からのメッセージ~」を開催しました
  • 「わかば集会~卒業生からのメッセージ~」を開催しました
  • 「わかば集会~卒業生からのメッセージ~」を開催しました
  • 「わかば集会~卒業生からのメッセージ~」を開催しました

 今春に入学した一年生全員を対象にNBシアターで「わかば集会」が行われました。卒業生が奈良文化高校の新入生に、有意義な三年間を送るためのアドバイスをするという、本校の恒例行事です。

 まず本校人権教育部長の安達光男教諭が卒業生の紹介をしました。続いて卒業生の講話が行なわれました。今回卒業生代表として一年生に話をしてくれたのは、特進コース卒業の内田京花さん、スポーツ特進コース卒業の市川絢里さん、保育コース(現:子ども教育コース)卒業の増田朱音さん、衛生看護科卒業の茨木美希さんの四名です。また、看護進学コース(現:医療・看護進学コース)の山部莉子さんも一年生のためにとメッセージを書いてきてくれ、集会の中でそのメッセージも発表されました。
 それぞれに入学から進路決定、卒業に至る三年間を振り返って、家庭での家族との関係、学校での同級生や先生との関わり、クラブ活動や学業、資格試験のこと、また進路を絞り込んで行った過程、進路実現までの道のり、そして上級学校での現在の生活などを分かりやすく後輩らに語ってくれました。

 聞いていた一年生も、この春まで三年生だった先輩らの話は心に響いたようで、続いて行われた質疑応答の時間には「高校と専攻科の違いは?」「ノートまとめの方法を教えてください」など気になっていることを次々と質問していました。

 一年生が大きく成長して卒業して、いつかまた後輩に体験談を語ってくれる日を楽しみにしています。