奈良文化高校

きららニュース

きららニュース

バレーボール部が全国私学大会で活躍しました!

  • バレーボール部が全国私学大会で活躍しました!
  • バレーボール部が全国私学大会で活躍しました!
  • バレーボール部が全国私学大会で活躍しました!
  • バレーボール部が全国私学大会で活躍しました!

 第23回全国私立高等学校バレーボール選手権大会が神奈川県の相模原市総合体育館で行われました。

 予選リーグ戦は本校を含めて5校が参加。1日目の1試合目は帝京第三高校との対戦です。第1セットは1点差の攻防が続きましたが、最後に連続でポイントを決められ23-25と落とします。第2セットは序盤こそ接戦となりましたが、今橋美來選手(2年生)のサーブで相手校の攻守が乱れてから、流れが一気に本校へ。順調に得点を重ね25-17で取りました。第3セットも勢いは衰えることなく、15-7で勝利しました。

 2試合目は熊本信愛女学院高校との対戦です。170センチ以上の選手がそろった強豪を相手に本校チームも果敢に攻め、第2セットは10点近く広がっていた差を1点差まで縮めます。13-25、21-25で惜しくも敗れましたが、粘り強いプレーで善戦しました。

 キャプテンの沢田有希選手(2年生)は試合後、「攻撃パターンを何本もつなぐことができたシーンもありましたが、弱さが出たところもあり、課題が見つかった試合でした。自分たちの『テンポの速いバレー』をより確立して、粘るチームにしていきたいです」と話しました。
山川真史監督からは「今回の大会は、新チームになってからやってきたことがどれだけ出せるか、そしてどれだけ通用するかを確認しようと臨みました。やってきたことがうまくできる時とできない時の差があるので、そこをどれだけ修正できるのかが課題です。個々のポテンシャルは高いので、その力を安定して出せるようにしないといけません」とコメントがありました。

 予選リーグ2日目は、1試合目で旭川実業高校と、2試合目で東京高校と対戦。
3勝1敗、予選リーグ2位で、残念ながら決勝トーナメント進出を逃しました。

 会場に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。今後もご声援のほど、お願い申し上げます。